FX投資を始めるならレバレッジについて理解しておく必要があります。

適性なレバレッジは?

レバレッジについて考える男性

FXのレバレッジは国内の証券会社から個人向けの口座を開設した場合は上限が25倍に定められています

 

海外口座や法人口座は25倍以上のレバレッジが可能になり、外貨以外のFX(仮想通貨など)は個別にレバレッジ規制を敷かれている場合があるので、詳細をご確認ください。

 

FXは上限の範囲内でレバレッジを任意に選択することができ、予算や投資法によって最適なレバレッジが異なります。

 

レバレッジは高くなるほどハイリスク・ハイリターンになる特性を持つほか、為替レートは不規則に変動するため時間軸が長いほどレバレッジを低く設定することが望ましいです。

 

適性なレバレッジの設定方法を紹介いたします。

 

 

強制ロスカットを確認

レバレッジを設定する際は、最初に強制ロスカットのルールと水準を確認しておきましょう。

強制ロスカットとは…現金残高+評価損益からなる証拠金維持率が一定水準を下回ったら、さらなる損失を防ぐために証券会社が強制的にロスカットの決済を行うものです。

強制ロスカットの水準は証券会社によって20~100%と大きく変わってきます。

 

 

一例として現金10万円をFX口座に入金して、ドル円1万枚を証拠金45,000円(レバレッジ25倍)でポジションを作ったとします。

 

この場合、含み損益がない場合は、現金5万5千円+証拠金余力4万5千円(評価損益0円)の合計10万円に対してポジションに必要な証拠金が4万5千円なので維持率225%

 

ポジションとは逆に1円動いて1万円の含み損を抱えた場合は、現金5万5千円+証拠金余力3万5千円(評価損1万円)で維持率200%です。

 

仮に強制ロスカットラインが証拠金維持率80%に設定されていた場合、証拠金4万5千円だけを口座に入れて為替レートが2円分ポジションと逆に動くと強制ロスカットになります。

 

証券会社によっては証拠金維持率100%で強制ロスカットになり、全力投資すると含み損を抱えた瞬間に強制ロスカットになることがあるので注意しましょう。

 

任意設定と実効レバレッジ

FXのレバレッジは任意設定できる場合と、口座残高に応じて自動的に調整される実効レバレッジの2種類があります。
主流になっているのは実効レバレッジです。

 

実効レバレッジの一例

ドル円で1万枚のポジションを作った際に25倍の証拠金が4万5千円だった場合、残高が4万5千円しかない状況で1万枚のポジションを取ればレバレッジ25倍になり、9万円あれば12.5倍、112.5万円あればレバレッジ1倍になります。

 

任意設定と実効レバレッジは実質同じ仕組みで、任意設定をする目的は損失リスクを軽減させる自己管理上の問題です。

 

ごく稀に、任意設定した設定レバレッジに応じ、取ったポジションに対して個別に強制ロスカットを設定されることがあるので注意しましょう。

 

 

何回失敗できるかを考える

選択肢を見つけた女性FXは口座残高が少なくなると1回に取れるポジションが少なくなってしまいます。

 

仮に全力投資をして5連敗した後に5連勝をても、1回のポジション(枚数)の違いで損失を出すことになります。

 

どれだけ優れた投資スキルを持っていても、取ったポジションの勝率を100%にすることは不可能なので、ある程度の失敗リスクを受け入れられる資金余力が必要です。

 

 

一例として

利益確定の目標値と損切りラインの値幅を同じ設定にして、期待値上は勝率50%で投資するなら、最低でも同じポジションで10連敗しても枚数を維持できる余力を持つことが望ましいです。

 

たとえば、1回の枚数1万枚・ロスカットライン50銭だった場合、5千円×10回の損失に耐えられるように証拠金4万5千円+5万円の9万5千円(レバレッジは約12.5倍)から始めることが望ましいです。

 

初心者は半丁博打のような投資法でも勝率50%を大きく下回る可能性があるので、さらに余力を持った資金マネジメントをするとよいでしょう。

 

また、ロスカットラインは手前に設定するけど、利益は大きく伸ばして取りたいと考えている場合も、1回の想定損失額を繰り返し耐えられるような余力を持つ必要があります。

 

このように、FXのレバレッジは1回の想定損失と手法による勝率を考慮して適性値を見極めましょう。

 

初心者や中長期での投資をする方は、ドル円1万枚(証拠金4万5千円)に対して、30~50万円ほどの軍資金を持って始めることを推奨します。

 

 

ページの先頭へ戻る